法人の方へ個人の方へ商品とサービス会社案内リクルート
>> HOME >> 輸送警備の安全確保に関する取り組み

輸送警備の安全確保に関する取り組み

1.輸送安全に関する基本的な方針

輸送警備は、安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、輸送警備の安全の確保に努めます。社員に対しては、輸送警備の安全の確保が最も重要であるという認識を徹底させます。

2.目標

「無事故・無違反」
貨物自動車運送事業を届出ている業者の輸送警備としてのスキルアップと、前年度、目標達成できなかった目標を達成させる。

3.達成状況と事故に関する統計

【平成24年度】

事故の種別 発生件数
自動車事故報告規則第2条に規定する事故 0件
人身事故 0件
物損事故 1件
自損事故 1件

4.重点施策

  1. 輸送警備の安全の確保が最も重要であるという認識を徹底し、「関係法令」に定められた事項を遵守します。
  2. 輸送警備の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努めます。
  3. 輸送警備の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講じます。
  4. 輸送警備の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有致します。
  5. 輸送警備の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを的確に実施致します。

5.教育、研修の実施状況

平成23年度は無事故・無違反を達成したものの、平成24年は自損事故1件、物損事故1件と目標を達成することができませんでした。事故対象者については、個別に指導・教育を実施しました。特に、事故が冬期に集中したことから必要とされる専門的技術の習得と向上が安全運転には必要と考え、社員に対する運転技術教育と運転時の実施教育に取り組んでいます。

このページのトップへもどる
ホーム法人の方へ個人の方へ商品とサービス会社案内リクルートお問い合わせプライバシーポリシー輸送警備の安全確保に関する取り組みサイトマップ

プライバシーマーク